何らかの物を借りるとなると、保証人が必要になるケースがたまにあります。例えば住宅などは、その1つですね。いわゆる賃貸の家を借りる時には、誰かに対して声をかけなければならないケースもあるのです。

しかし借りようと思っている側からすれば、ちょっと声をかけづらいと思うのが本音ではないでしょうか。確かに借りたいとも思うものの、何となく話しづらいですね。もしかすると反対される可能性もあると考えている方も見られるのです。

またそもそも保証人を立てるとなると、交渉が必要になるケースもあります。その交渉のためにも色々と手間がかかりますので、それが少々問題だと思っている方も見られる訳ですね。 ところで以前に、その保証人に関するアンケートが行われた事があるのです。内容としては次の通りです。 ある親友の方から、保証人になってほしいと声をかけられたとします。

そのような時に保証人になりますかとの質問によるアンケートだったようです。 その答えがとても興味深く、実に95%以上の方々は、保証する人になりたくないですと回答していたのだそうです。もちろん保証しますと回答した方は、全体の数%前後だったのですが。 つまり友達に対して保証人になってほしいと話しても、かなりの確率で断られると考えられるのですね。

そのようなデータを考えれば、やはり友達などに声をかけづらいと思うのが自然でしょう。 ところが、幸いにもキャッシングという商品は、その声かけは不要なケースはほとんどなのですね。というのもほとんどの金融会社では、保証人は特に必要ありませんと、公式サイトで明示をしている状況なのです。親友に対して声をかけなくても済むという意味では、その融資商品はメリットが大きいと思います。 ただし一部の賃金会社などでは、敢えて声をかけた方が良い事もあるようです。公式サイトでは保証人は必要ないと謳っていても、実際にそれを立ててみると、借りる事ができたという事例も見られるからです。ですので不安な時には、保証人を検討してみる価値はあると思いますね。

Leave a reply