借りる事ができるタイプの商品には、様々な種類があります。もちろんキャッシングもその1つなのですが、他にも別のタイプの商品があって、その1つが担保物件を用いる商品なのですね。そもそも人々の中には、何らかの不動産物件を保有している方も見られます。そのような方々の場合、上記のような担保商品を用いるケースも多いですね。その商品の場合は、いわゆる抵当を利用するタイプになります。

思えば私たちがどこかから借りる時には、いわゆる質屋を利用する事がたまにあります。何かのブランド品などその質屋に入れて、抵当扱いにするのですね。それで質屋から、お金を借りるというシステムになります。そして上記の担保の商品の場合は、ブランド物などではなく物件を抵当に入れる事になるのです。それで比較的まとまった金額を借りれるケースが多いのですね。事業のためのお金を調達したい時には、よく利用されます。

ところがその商品にはデメリットが1つあって、ATM機器なのですね。銀行に行けば、たいていはATM機器が設置されているのですが、そこで返すのが難しいケースが多々あるのです。というのも担保関連の融資商品の場合は、いわゆる振り込みで対応しているケースがほとんどになります。あの機器で返す事ができないケースが、非常に多い訳ですね。ところが前述のキャッシングという商品の場合、その機器で返す事ができます。それにメリットを感じている給与所得者の方々も、非常に多いのですね。

なぜなら給与所得者の方々は、そもそもコンビニなどに立ち寄るケースが多々あります。毎日のお昼休みの時間帯などに、そこに立ち寄っている方々も多く見られるのですが、その機器で返す事もできるのです。その分、担保商品に比べると返しやすい一面があるでしょう。ですので担保を用いるタイプの商品に比べれば、むしろそのキャッシングという商品の方が、ちょっと利便性は高めだと考えられます。ですので多くの給与所得者の方は、それをよく使っているのですね。

Leave a reply