銀行には教育ローンやマイカーローン、住宅ローンと言った利用使途が決められているローン商品と利用使途が原則自由になっているカードローンなどがあります。カードローンには保証人が不要、担保も不要と言った特徴があり、保証人を立てる必要がないため、申し込みから契約までをスピーディーに行えるので申し込みを行った日に融資を受ける事も可能にしています。銀行のカードローンは低金利であり、高額融資も可能になっているのが特徴で、極度額と言う借入可能額の最高額が1,000万円と言ったカードローンを用意している金融機関も多くなっていますし、大手の消費者金融などの場合も、極度額が500万円や800万円、中には銀行と同じく1,000万円の極度額で融資を行っている金融業者もあります。(借入・・どうする?そんな方はこちら→http://借入の教科書.jp/

しかし、カードローンを利用しての借入金は、銀行の場合と消費者金融の場合とは借入可能額に違いがあります。消費者金融には総量規制が適用されるので借入金の最高額は年収の3分の1未満になります。これに対し、銀行のカードローンは年収の3分の1未満と言う制限はありませんが、返済能力に見合う金額が借入可能額であり、返済能力に合うのか否かは審査の中で決定します。銀行のカードローンの場合、300万円や200万円までは収入証明書の提出が不要で、決められた額を超えた金額で申し込みをする場合には書類の提出が必要になります。書類を提出する事で、返済が可能なのかどうかを金融機関や保証会社が審査を行い、借入可能額を決めているのです。消費者金融の場合は、申し込み額が50万円を超えた場合には収入証明書の提出が必要になるのですが、これは総量規制が適用されているためであり、銀行と比較した場合、消費者金融からの借入金可能額は少なくなると言った特徴もあります。しかしながら、少額の借入金などの場合、消費者金融は即日融資を可能にするなどのスピーディーな対応をしてくれるので消費者金融を利用する人も多くなっています。

Leave a reply