多くの方が断っている保証人は求められない融資商品

何らかの物を借りるとなると、保証人が必要になるケースがたまにあります。例えば住宅などは、その1つですね。いわゆる賃貸の家を借りる時には、誰かに対して声をかけなければならないケースもあるのです。

しかし借りようと思っている側からすれば、ちょっと声をかけづらいと思うのが本音ではないでしょうか。確かに借りたいとも思うものの、何となく話しづらいですね。もしかすると反対される可能性もあると考えている方も見られるのです。

またそもそも保証人を立てるとなると、交渉が必要になるケースもあります。その交渉のためにも色々と手間がかかりますので、それが少々問題だと思っている方も見られる訳ですね。 ところで以前に、その保証人に関するアンケートが行われた事があるのです。内容としては次の通りです。 ある親友の方から、保証人になってほしいと声をかけられたとします。

そのような時に保証人になりますかとの質問によるアンケートだったようです。 その答えがとても興味深く、実に95%以上の方々は、保証する人になりたくないですと回答していたのだそうです。もちろん保証しますと回答した方は、全体の数%前後だったのですが。 つまり友達に対して保証人になってほしいと話しても、かなりの確率で断られると考えられるのですね。

そのようなデータを考えれば、やはり友達などに声をかけづらいと思うのが自然でしょう。 ところが、幸いにもキャッシングという商品は、その声かけは不要なケースはほとんどなのですね。というのもほとんどの金融会社では、保証人は特に必要ありませんと、公式サイトで明示をしている状況なのです。親友に対して声をかけなくても済むという意味では、その融資商品はメリットが大きいと思います。 ただし一部の賃金会社などでは、敢えて声をかけた方が良い事もあるようです。公式サイトでは保証人は必要ないと謳っていても、実際にそれを立ててみると、借りる事ができたという事例も見られるからです。ですので不安な時には、保証人を検討してみる価値はあると思いますね。

キャッシング企業のヤミ金融業者に注意する

お金が足りない時には、キャッシング企業があって、とても便利です。利息さえ支払えば、気軽にすぐにお金を貸してくれるので、まるで別財布のように利用する人も多いでしょう。そんなキャッシング企業には、都市銀行や地方銀行やネット銀行の業者や、消費者金融業者や、信販の業者など、色々な企業があります。それぞれ利息も違いがあり、その他色々な違いがあります。

しかし、基本的な事は同じであり、貸金業として登録をされて、規定に従った業務を行っています。それが、キャッシング企業と同じ業務を営みながらも、貸金業として登録をしないで経営している企業があるのです。それは、ヤミ金融業者であります。貸金業の登録をせずに闇で活動しているからヤミ金と言われるのでしょう。

そんなヤミ金融業者は、規定なんて関係ないやり方で経営をしているので、割合に誰でも貸してくれるといいます。ブラックリストに載った人や、何か訳アリの人や、多重債務などがあり何処に行っても貸してくれないのに、ヤミ金融業者なら貸してくれたりと、融通が利く業者であるようです。でも、貸すのはわりと簡単に貸してくれますが、その代わりにリスクが伴いますから、利息が異常な程に高いと言われます

そして、支払日に遅れたのなら、取立てる行為が活発的な動きをすると言います。それは、返済出来るかどうか解らない人にまで融資しているために、夜逃げしたり、破産したりされては、貸したお金が戻って来ない可能性もある為、そうなったら困るので、必死で返済金を取り立てようとするのでしょう。借りるのが困難な人が借りれるのですから、企業側も返済をして貰う為であると言えます。

そんなヤミ金融業は、賃金業に登録をしていないから、独自の判断で営業を行いますので、融通が利き、貸し出すのも取り立てるのも、無限大に幅広いやり方が出来るのでしょう。高い利息で返済出来るのであれば、困った人は借りると助かる企業ではありますが、規定に沿った金融業の方が、ラインが解り危険性は少なくなると言えるでしょう。