賢い借入とはどんな借入れのことか

同じ借入でも、賢い借り入れとそうでない借入があります。どうせ借りるのなら賢く借りたいものですが、多重債務者が社会問題となっていたり、自己破産者が一向に減少しないという現実を見てみると、多くの方が賢い借入をしていないということになるようです。それでは、賢い借入とはどのようなものであり、そうでない借入とはどのようなものになるのでしょうか。まず、賢い借入とは、必要なときに必要な額だけを短期間で借り、利息負担を最小限に抑えて完済することです。最も重要なのは、短期間での借入にとどめておくということで、長く借りるということは避けなければなりません。何事もそうですが、長く借りるとそれだけ利息負担が増えますし、リスクを長く持つということにもなるのです。従って、短期間で返済できるようにできる限りの努力をしなければなりません。その一つが繰り上げ返済です。随時返済ともいわれていますが、その名の通りに、余資金があればすぐに返済に回しましょう。現金を持っていてもほとんど金利は付きませんが、返済すると高い金利を避けることができます。この繰り上げ返済の有効性は、住宅ローンの世界では常識化されていますが、カードローンの場合でも最近では手数料無料でいつでも繰り上げ返済できるところがほとんどですので是非活用したいものです。このように、賢い借入とは、完済までしっかりと考えて短期間で利息負担をなるべく抑えるというものになります。これに対して、賢くない借入とは、賢い借入の真逆ということになり、しっかりとした返済計画を持たずに長期間にわたって返済を続けていくことになります。借入する時にも、必要なときに借り入れするというよりは、必要でないときに借りたり、最悪のケースでは、利息の支払いのために新規での借入をするようなことになります。金融業者にとっては、長期にわたって金利を支払ってくれる非常に良い顧客となるのですが、残念ながら、生活は非常に厳しくなり、多重債務となり、最終的には債務整理を検討するような状況になることも多くあります。

キャッシングで借りれる限界額に関わる2つの要素

会社から借りる事ができるお金には、限界があります。無制限ではないのですね。金融業界では、その制限を上限額と表現される事も多いです。 例えばその限界の金額が、60万円になっているとしましょう。もちろんその時には、50万円台などで借りる事ができるのですね。しかし61万以上などで借りるのは困難なのです。限界が60万だからです。

そして借りようと思っている方の中には、その限界額が好ましいと思っている事もあります。つまりできるだけ多くの資金を借りたいと思っているのですが、それを左右する要素は2つあります。 まず1つ目ですが、金融会社での利用実績ですね。多くの実績を積んでいる方々などは、キャッシングでそれだけ多くの金額を借りやすい傾向があるのです。

例えばAさんという方の場合は、とても実績が優秀だとしましょう。今まで色々な会社で借りていたものの、一度も返済に遅れた事がありませんし、全て返し終わっている状況だとします。それに対してBさんの場合は過去に遅延が発生した事があり、やや高めな手数料を支払った経験があるとしましょう。

AさんとBさんを比較すると、Aさんの方が限界額が高めな傾向があるのです。

それは金融会社の目線を考えれば、よく分かるでしょう。やはり返済力を気にしている事が多いからです。ですので将来的に多くの金額を借りる事が想定される時には、できるだけ実績を積み上げておくと良いですね。 また限界額は、金融会社にも左右されます。一般的に賃金業者よりは、銀行の方がその額が高めになっている事が多いのですね。

賃金業者の場合は最高長くが300万前後なのですの、大手の銀行などの場合、800万近くになっているケースも珍しくありません。つまり限界額を多くしたいと思っているのであれば、会社選びなども大きなポイントの1つになるでしょう。 つまりキャッシングの限界額は今までの実績と会社という2つの要素に左右される訳ですね。個人的には、やはり実績を積んでいくのが一番だと思います。