銀行や消費者金融での借入金の可能額とは?

銀行には教育ローンやマイカーローン、住宅ローンと言った利用使途が決められているローン商品と利用使途が原則自由になっているカードローンなどがあります。カードローンには保証人が不要、担保も不要と言った特徴があり、保証人を立てる必要がないため、申し込みから契約までをスピーディーに行えるので申し込みを行った日に融資を受ける事も可能にしています。銀行のカードローンは低金利であり、高額融資も可能になっているのが特徴で、極度額と言う借入可能額の最高額が1,000万円と言ったカードローンを用意している金融機関も多くなっていますし、大手の消費者金融などの場合も、極度額が500万円や800万円、中には銀行と同じく1,000万円の極度額で融資を行っている金融業者もあります。(借入・・どうする?そんな方はこちら→http://借入の教科書.jp/

しかし、カードローンを利用しての借入金は、銀行の場合と消費者金融の場合とは借入可能額に違いがあります。消費者金融には総量規制が適用されるので借入金の最高額は年収の3分の1未満になります。これに対し、銀行のカードローンは年収の3分の1未満と言う制限はありませんが、返済能力に見合う金額が借入可能額であり、返済能力に合うのか否かは審査の中で決定します。銀行のカードローンの場合、300万円や200万円までは収入証明書の提出が不要で、決められた額を超えた金額で申し込みをする場合には書類の提出が必要になります。書類を提出する事で、返済が可能なのかどうかを金融機関や保証会社が審査を行い、借入可能額を決めているのです。消費者金融の場合は、申し込み額が50万円を超えた場合には収入証明書の提出が必要になるのですが、これは総量規制が適用されているためであり、銀行と比較した場合、消費者金融からの借入金可能額は少なくなると言った特徴もあります。しかしながら、少額の借入金などの場合、消費者金融は即日融資を可能にするなどのスピーディーな対応をしてくれるので消費者金融を利用する人も多くなっています。

借入審査は何を基準としているのか

借り入れには審査があります。審査に通過して初めてお金を借りることができるため、借り入れにおける最大の難関になるでしょう。そこで気になるのは借入審査の基準です。最低限の融資条件は20歳以上で安定した収入を持っている方となっていますが、具体的な基準は各社で異なるため、なにを満たしていれば通過できるという明確な条件がないのが現状です。例えば、収入が高くても他社の借入額が大きい人や返済の滞納をしている人は通過できる可能性が低く、収入が多少低くても初めての借り入れで他社の利用履歴がクリーンなら通過できる可能性が高くなっています。言い換えれば、同じ条件でもA社は落ちてもB社は通過できる可能性もあるので諦めないで申し込んでみましょう。ただ、1か月のうちに3社以上への申込みはできません。

3社以上に落ちてしまうと半年間は申し込みすらできない状態になってしまうので、できれば一発で決めたいところです。となると、何を基準に選んだらいいのでしょうか。一般的に、金利が審査の基準に比例すると言われています。金利が低いほど審査基準は厳しく、金利が高いほど審査基準は甘いとされています。それで言えば金利が低く条件が厳しいのは銀行、金利が高く条件が緩いのは消費者金融です。借り入れは金利が低いに越したことはないというのが一般論なので、どうしても銀行を選びがちですが、借りられなくては意味がありません。銀行が無理ならランクを落として消費者金融を検討することも考えましょう。ちなみに、多少金利が高くても、最小限の借り入れで直ぐに返済すれば利息の負担は対して大きくはならないものです。逆に金利が低くても、多額を借りて返済期間が延びれば利息の負担は大きくなってしまいます。利息の負担は使い方次第ですので、まずは審査に通過できることを前提にお金をどこから借りるのかを考えてみてください。その上で、正しくお金を借りていくことが大切です。

金融機関の借入金利について

お金を金融機関を利用して借りるときは、金利の負担がどのようになるのか理解をしておく必要があります。借入金利は一回の返済だけを見ると小さな負担ですが、数年単位で見ると非常に大きな負担になります。そのためこのような負担について考えておくことは大事で、適切な対応をしないと大きな損をする事も少なくないです。金融機関でお金を借りるときの金利は、業者の審査を受けたときの結果によって変化をします。いい条件で金融機関の審査に通ったときは金利が安くなりますし、それほど良くない条件の場合は金利が高めになります。金利が安い条件で利用できる場合は問題ないのですが、金利の負担が大きい場合は対応が必要になります。金融機関で借りたお金の金利が高い場合は、早めにお金を返すと問題が起こりづらいので効果的です。

このような金利負担は時間がたつほど増えていきますから、できるだけ短期に返済をするようにすればトラブルが起こりづらいです。また最近は短期間で返済をすれば金利負担が発生しない業者もあるので、そういう所を利用できれば負担の軽減ができます。借り入れ金利は一般的なローンでも重要になりますけど、大きなローンではよりこの金利負担の意味が大事になります。大きなローンとしては住宅ローンや車のローンがありますけど、そういうローンは何年もかけてお金を返すので金利負担が大きいです。特に住宅のローンは借りている金額も大きいですから、返済時の金利負担について考えておかないと返済が難しくなることもあります。借入金利はこのように色々な問題になりやすいものなので、自分の利用しているローンに合わせて適切に対応をする必要があります。ただ金利の計算は色々複雑な所がありますから、正確に情報を知りたいときは金融機関で相談をするといいです。金融機関は金利の計算を短期間でやってくれますから、効果的に返済をしたい時につかいやすく便利な所です。また相談をすることによってこちらの返済の意思をアピールできるので、金融機関との信頼関係を築けるので効果的です。